適圧をかけて行う加圧トレーニング

適圧をかけて行う加圧トレーニング

付け加えると、通常のトレーニングではトレーナーさんが付いてもらえるのは最初だけで、やり方がわかってしまえばぼくのペースでなかなか効率の申し分のないトレーニングをすることが難しくなるんです。一回のトレーニング時間は個人差が有りますが30分から50分くらいですので、週に1回程度で摩天効果があると言い伝えられています。

筋肉が付くことで代謝が上がり脂肪が燃焼しやすくなるのでしょう。血流が良くなることで冷えが改善され内蔵機能も高まり、代謝のアップにも繋がります。

トレーニングフォームもたんたんと自分の利用しやすい筋肉を使う形に変化してしまいましたとしてましています。加圧トレーニングとは腕の付け根や足の付け根に専用のベルトを巻き、適正な圧をかけ血流を制限していながら筋トレをする方法です。

さらに、トレーニングで溜まった乳酸が一気に流れることで成長ホルモンの分泌が促されています。成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれアンチエイジング効果や、脂肪分解の作用もあるのなのでダイエット効果も期待できる。

ベルトを外すと制限してました血流が一気に流させられるため、毛細血管の末端まで血流が促進され血行が良くなるんです。血流を制限しながらトレーニングするだけで、通常にトレーニングに比べとっても多くない負荷と短時間で最高効果が得られると言い伝えられているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ