すぐにリバウンド現象があら われる

すぐにリバウンド現象があら われる

余分な体脂肪はそうした食事量で生活していれば徐々に減っていきます。摂取と消費のカロリーバランスをまずは、整えることが必要です。

ステップ2減量生活スタイルに減量、停滞期を繰り返して、慣れてきたら、基礎代謝量まで摂取カロリーを下げます。すぐに体重の減少を肥満している方は考えますが、減量にいきなり入ると、身体に負担をかけてしまい、減量が一時はできますが、リバウンド現象がすぐにあらわれ、元の体重に戻ってしまいます。

生命維持活動に基礎代謝量は必要なエネルギー量なので、バランスよくこの値のカロリーは摂取することが必要です。脂肪だけが増大し、そのことを繰り返していると筋肉量が減少して太りやすい体質になり、ダイエットを正しく行ってもなかなか痩せない、いわゆる痩せにくい体質になってしまいます。

消費するカロリーより摂取するカロリーの方が肥満の方は多く、太るように消費と摂取のバランスが傾いています。体重維持又は体重減少に体重増加の傾向から傾いたら、生活活動で消費するエネルギー量(消費カロリー)よりも摂取カロリーを、200から300Kcal少なくします。

今よりも太ることがそうすることで、防げます。摂取カロリーを、このバランスを整えるために、生活活動で消費するエネルギー量(消費カロリー)と同等のカロリーまで下げる必要があります。

そして、簡単にこのことが実行できれば、次の減量レベルに進むことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ